ご飯を食べさせるの大変、、、

子育て

子供にご飯を食べさせるときの出来事。

親

はやくご飯食べ~。

子供
子供

はーい。

(なかなか箸が進まない)

親

まだ、食べてるの。早く食べなさい。

(徐々にイライラ😠)

子供
子供

うん・・・

このようなやり取りをしたことが多いお母さんやお父さんはたくさんいるのではないでしょうか。また、上のやり取り以外にもごはんで遊んでいる子供を起こることもあるのではないでしょうか。このような時、一体どのようにすればちゃんとご飯を食べてくれるのでしょうか?今回は、ご飯をいかにしてスムーズに食べさせるかに焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

なぜ、子供の箸が止まってしまうのか?

まず初めに「なぜ、子供はご飯を食べているときに箸を止めてしまうのか」について話をしていこうと思います。私がこれまで見てきた中で特に多いのがテレビに夢中になっていることです。子供は好きなことに夢中になってしまうものです。また、子供は大人のようにいくつかの物事を同時にこなしていくことが難しい時期でもあります。そのため、好きなアニメやドラマに夢中になり箸が止まってしまうのです。あるいは本当におなかがいっぱいな時です。ご飯の量はお母さんやお父さんが入れることが多いと思います。「このぐらいは食べれるだろう」もしくは「このくらいは食べてほしい」という思いからよそったご飯の量と実際に子供が食べれる量にズレが生じているのかもしれません。では、ごはんをスムーズに食べるためにはどうすればよいのでしょうか。

子供がご飯をスムーズに食べる方法

「子供のご飯を食べるペースが遅い」、「よくご飯を残す」などの出来事でイライラしてしまうことありますよね。こんなとき、「もっとスムーズにご飯を食べられたらな」とか「せめて入れた分は完食してほしいな」とついつい思ってしまいます。しかし、ご飯を食べるときや食べさせ方を少し工夫することでご飯中のイライラを解消できる可能性があるかもしれません。興味のある方やまだトライしてみたことがない方は一度試してみると育児が楽になるかも。

(1)テレビを見て箸が止まっている場合

このような場合の時は、「ご飯を食べている時間はテレビを消して全員が食べ終わったらテレビをつける」という工夫をすることで子供がスムーズにご飯を食べれるようになるかもしれません。この時に注意したいのは、「食べるのが遅いからテレビはつけないよ」とか「ご飯中に箸が止まるからテレビは見させない」という言い方をするのではなく「ご飯を食べたら好きなテレビを見ていいから頑張ってご飯を食べようね」と前向きな言葉をかけてあげると子供も嫌な気持にならずご飯を食べることができます。

(2)よくご飯を残してしまう子供に対して

このようなときのおすすめの解決方法は「食べれる量を子供に確認してみる」です。人は、自分で「できる」と言ったときと言わない時では気持ちの持ち方や責任の感じ方が違います。そこで、子供とご飯の量を確認し、「食べれる」と子供が言える量にすることで頑張ってご飯を食べることができます。また、完食できたことへ「よくできたね」、「がんばったね」と言ってあげることで子供は更にうれしい気持ちになり、「次も頑張ろう」という気持ちになります。これを繰り返していくことでご飯の量を増やしても完食できるようになるかもしれません。

以上のように、少し工夫をしてあげることでご飯の際のイライラが楽しい・うれしいに変化するかもしれません。もちろん、他にも有効な方法はあると思いますが、そのうちの一つだと思って実践していただけると嬉しいです。楽に、楽しい子育てを目指して頑張りましょう!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました